北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

典型的な日本人とは

プリ子と一緒に街に繰り出すと、必ずささやかれることがあります。


「見て、あの子、まるで日本人の子供みたい」。


な、なぜ分かる?!

思わず振り向いて「そうです。日本人です!」というと、「やっぱり。でもあなたは日本人に見えない」と言われます。

ど、どこが?


一度中国の人に、「どうして(うちのプリ子を見て)日本人って思うの?」と聞いたところ、完全な一重まぶたで色が白く、髪が長いから、と答えます。

そう。
うちのプリ子は、有名人に例えると 愛子さま。
やんごとなき血を、引いているわけはないのだが、顔だけやんごとない。

っていうか、完全な平安美人。今微妙。



ところで、典型的な日本人の性格というのもあるようで、世界のジョークでこんなのを読んだことがあります。

今まさに沈みかけている船に乗っている乗客を、船長がなんとか海に飛びこませなければならないとき。

アメリカ人には「飛び込めばヒーローになれますよ」
イギリス人には「それが紳士のたしなみです」
ドイツ人には「規則ですから」
イタリア人には「海の中に綺麗な女性がいます」
中国人には「海の中にうまそうな魚がいます」

日本人には「もうみんな飛び込みましたよ」


と声をかければよいというもの。


なるほど。

典型的な日本人とは、つまり、みんなと一緒がよいという農耕民族的集団行動を好む性格であるらしい。
それは、高度成長期には日本経済を牽引する大きな力にもなったし、日本がアジアの国々の中でいち早く近代化を成し遂げたのも、そのまとまりのよい特性が生かされたのだろうと思います。


でも。

私はヤダな。
どちらかというと、「誰も飛び込みませんよ」と言ってほしい。


昔から、集団行動が全然好きじゃない。
子供のころ、人は集団になるといかに愚かになるかというのを目のあたりにして以来、集団ってものを、私は信じない。

そのせいで、体育会系の部活動は一年と続いたことがないし、ドラマ「スクールウォーズ」は大好きだったけど、One for All,All for Oneって何?って思っちゃう。


そして気がつくと、北京生活も半年が過ぎたというのに、未だにこじゃるには家を行き来するような友達が一人もいない。
だから、ひたすら家で工作を作り続けている。


それというのも、私が和(集団)の外へ、外へと逃げようとするからなんでしょう。
親同士仲良くならないと、子供が勝手によその家に遊びに行ける距離じゃないしねえ。

でも、私に似たのか、他人の目が気にならないこじゃるも集団行動がちっとも好きそうではなく、目下の悩みは幼稚園を卒業する今年の9月以降、どうするかということ。

日系幼稚園に入る?
それとも、今の幼稚園に残る?
現地の学前班に入れる?


私はなんとなく、彼が日本人社会でうまくやっていけないような気がしていて(というのも、自分が子供の時、うまくやれなかったからなんだけれども)、むしろ中国の学校にやる方が気が楽なんじゃないかと思うのだけれども、彼はこの先、帰国して日本で生きていかなければならないわけで、もう十分中国化してしまってはいるものの、いやでも集団行動に適応させなきゃと思うと、早いうちに日系に行かせた方がいいのかなとも。




そんな私のモヤモヤを横に、プリ子は性格的にも集団行動がお得意そう。

なんせ、愛想がよいし、知らない人にもニコニコ笑いかけ、赤ちゃんなのに別の赤ちゃんとコミュニケーションとろうとしてるし、その場の空気読んで私がお兄ちゃんに怒っているときは気配消してるし。


ああ、プリ子。
中身も外見もなんて典型的な日本人なの!



北京生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

我が娘も・・・

完全な一重まぶたで色が白く、髪が長いです。
でも、有名人に例えると・・・・朝青龍!
モンゴルの血はひいていませんが、
やたらと強そうです。
お陰で、そんなに相撲好きではないのに、
朝青龍の応援に力が入ります。

オルバ | URL | 2010-01-20 (Wed) 00:11 [編集 ]


プリ子ちゃんに会いたい

やんごとないお顔立ち、是非とも拝見したいです。

私がプリ子ちゃんを見たのは、新生児時代なので、えっもうそんなに成長したの???って感じです。赤ちゃんにとって一年の変化は凄まじいんですね。

こじゃる君のリトルウォーズのお話も、興味深いです。多感な時期に北京特有の空気を感じ、彼なりに奮闘しているのかな、鈍感なタイガーだと、そんな葛藤もないままスルーしちゃうのかな...と、想像してます。

でも、その葛藤を乗り越えた暁に、こじゃる君が自分の力で真の日中友好の礎を築くに違いない!!という期待も持ってます。

ろば子さんとご主人が、中国文化に心を開いていらっしゃるので、きっとその気概を受け継いでいくことでしょう。

日本人学校の件は、我が家でも懸案事項です。その前に、出産後に広州に戻った場合、残る半年間、タイガーをどの幼稚園に預ければいいのか、今から悩んでます。

いずれ日本に帰る...というのが良くも悪くも枷になるんですよね...

里帰り出産の間は、実家近くの公立幼稚園に預ける予定ですが、それがまたタイガーを混乱させてしまうのではないか、と気を揉んだり。

タイガーママ | URL | 2010-01-20 (Wed) 13:00 [編集 ]


Re: 我が娘も・・・

オルバさま

強そうな娘さん、いいですねえ!
うちもこのところ、髪を切ったこともあり、よく食べるようになったのに断乳していないのもあり、パツンパツンになってきました。

実家の母からは、(可愛くなくなるので)これ以上食べさせないように言われているのですが…。
本人がほしがるので仕方ありません。


ろば子 | URL | 2010-01-20 (Wed) 22:29 [編集 ]


Re: プリ子ちゃんに会いたい

タイガーママさま

そうですよね。タイガーくんの場合里帰りというワンクッションがさらに挟まりますもんね。
これ以上環境を変えて本人が適応できるのか迷うところですよね。

うちは、本人いわく日本人小学校に行きたいらしいのですが、それというのも中国の小学校は勉強についていくのが大変だと聞いたからのようです。

いずれにせよ、来年度には一度見学に連れ歩かねばと思っています。


プリ子は、新生児のころが懐かしいくらい、プクプクと太っています。
ずっしりと重いのですが、抱っこしていることも多く、腰に負担が…。

二人目は体力の消耗をいかに避けるかが勝負ですよ!!

ろば子 | URL | 2010-01-20 (Wed) 22:34 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。