北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あきらめない

日本国内はどうにもこうにも暗いニュースが多く、元気がないようですが、ここ北京にはあきらめていない日本人が、たくさんいるような気がします。


何をあきらめていないのかは人それぞれなのですが、雑駁にいうと北京という外国の大都市で、毎日できるだけ野太く生きることをあきらめていない人たち。


リスクもあり、困難もあり、道はない。
という中、徒手空拳で何かをつかもうとする北京の日本人たち。


そういう空気の中にいると、駐妻の自分も何かしたくてうずうずしてきます。
夫の付属物としてこの国に存在する我々駐妻たちにも何かできることはあるんだろうか?
日本に帰国すれば、35歳以上は求人がないというこの現実に立ち向かえるのか?



ということで、本日「第一回あきらめない太太の会」を挙行。(若干3名ですが)
※中国語で太太は奥様の意味

英語もスペイン語も教員免許を持ち、さらに中国語のプロ通訳になるべく勉強中の超パワフルな太太Kさんにお誘いいただき、雲南省人民政府駐北京辦事処内のホテルレストランへ。


駐妻時代に勉強を始め、今ではカラーアナリストとして活躍する田辺万紀子さんにも参加してくださり、

太太(専業主婦)→職業人

として、もう一度社会とかかわって生きていくための方策などをメインにおしゃべりしました。



3人とも意見が一致したのは、結婚して子供を産むと「人生とはかくあらねばならぬ/かくありたい」という考え方が通用しなくなり、とにかく今、この環境でできることをやる、というスタンスに変わらざるを得ないという点。


子供がいるとどうしても、子供に生活を合わさざるを得ないし、ましては我々駐妻は、たびたびの夫の海外赴任にいつ何時ついていかねばならないかわからない身。

不景気になれば、突然の帰国命令もありうるし、子供の学校のPTA役員に選出され、昨日まで勉強していたことが続けられないという事態もありえます。そういう突発的な状況の変化に、すばやく対応しなければいけないわけで、一つのことに同じスタンスでこだわり続けるということが難しいのです。


じゃあ、何もかもやるだけ無駄なのか?
というと、そうではなくて、
最初から、私はこうなります!という大きくて遠い目標をかかげ、それに向けて努力するのではなく、今目の前にある興味のあることにむかってとにかくがんばってみることが大事ということで。


田辺さんいわく「何かになろうとしてカラーの勉強をしていたわけではなく、どんどんやりたいことをやっていたら今の自分になったんです」

Kさんも、中国に興味があって中国語を選択、というわけではなく、中国に来たから中国語という、出会い重視系。
その出会いを突き詰めるからこそ、逆に目標も見えてくるというわけです。


偶然の出会いやきっかけを大切にすること。
やりたいことを努力してコツコツ続けること。
そして何より、年齢や環境のせいにしてあきらめないこと。

それが、たぶん、普通の求職活動から弾かれた私たちが、もう一度社会にかかわるための突破口を作ってくれるのではないでしょうか。


もちろん、「生活かかってないだろっ」というツッコミもあると思いますが、それは十分承知の上。


「生活がかかってないからこそ、好きなことをやるべきだし、やらされてる感がない分、毎日が充実した気持ちで送れると思います」と田辺さんも話します。



企業に勤めたりするのは年齢的にも立場的にも難しい。
でも、仕事につながるような自分の好きなことを、ちょっとづつでも始めていきたいと、私も思った次第。



さて、この「あきらめない太太の会」、また私の心がくじけそうになったころを見計らい、不定期に開催予定。
何かをしたい!、もう何かを始めている!という太太のみなさん、北京在住ならばどなたでもwelcomeです。
情報交換、励ましあい?しましょう。参加したいわ~という方、ブログのコメントを管理人だけに公開にして、本文中にメールアドレスを入れて送ってください。こちらからご連絡いたします。


※カラーアナリスト、fill color office 北京校代表、田辺万紀子さんのブログはココ

※雲南省人民政府駐北京辦事処の雲騰賓館は
 北京市崇文区東花市北里東区7,8号楼
 レストランの予約:010-6713-6439



にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京生活情報

育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

励みになりますねー

我が家はまだ子供がいませんが・・・
確かに皆さんのおっしゃる通り!と思いました。

駐妻はいつ帰国させられるかわからず、
いつまた違う国(都市?)へ行くかもわからず、
もうその状況を楽しんでいくしかないですよね。

その中で、諦めず、コツコツとやりたいことをやったり、新しい出会いを大事にしたりして、楽しい!と思えることを究めていかねば!ですね☆

Rachel | URL | 2009-12-17 (Thu) 13:38 [編集 ]


北京在住なら、是非参加したいところです。
本日旦那とひと悶着あり、つくづく付属物は虚しいと感じていたところ。
私も子供が小さい事を理由にせず、奥様の手習いではない、何か形になることを始めます。

オルバ | URL | 2009-12-17 (Thu) 21:45 [編集 ]


Re: 励みになりますねー

Rachelさま

コメントありがとうございます!!


子供がいてもいなくても、状況は同じですよねー。
楽しいと思えることをやっているうちに、いつか、好きなことができるようになっていたいなと、私も思ってます。

お互いがんばりましょーね!!

ろば子 | URL | 2009-12-18 (Fri) 19:42 [編集 ]


オルバさま

オルバさま

広州時代にお会いしていたら、絶対よい仲間になれてたのに~、
同じころ出産で、上の子もたしか同世代でしたよね?
う~ん、かえすがえすも残念です!

ストレスがたまったら、いつでも当ブログに遊びに来てくださいね!!
これからも駐妻目線で記事アップしていきます。


ろば子 | URL | 2009-12-18 (Fri) 20:39 [編集 ]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009-12-23 (Wed) 15:36 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。