北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞いてないよ~

今日からこじゃるは無事幼稚園に復帰。
やっと一息つけるわ~と思っていたら、幼稚園の先生から呼び出し。

「3時から家長会があります。必ず参加してください!」


そんな急に言われてもなー
と思いながらも、いつものことなのでなんとか都合をつけて行ってきました。

場所は幼稚園の図書室。
だが、入ってみてなんだかおかしいなと気づく。


通常の家長会はクラス単位で行われるのに、いろんなクラスの父兄が集まっている。しかも少人数…。


出欠の名前を書くボードが回ってきて目が点。
「●●幼稚園家長委員会成員名単」。


って、これ普通に PTA じゃん。

「名簿に名前がないんです」というと、不思議そうな顔をされるが、不思議な顔をしたいのはこっちだ。なんで、役員でもない私がこんなところに??

開始間際になって、やっと顔見知りの同じクラスのママがやってきたので、彼女の隣に座り、「この会なんなの?」と聞くと、「家長委員会よお。去年なんか毎月開かれてたんだけど、今年は少ないのねえ」となんとものんびりとしたお答え。

彼女は確かに9月の家長会でクラス役員に選出されていたような気がします。
名簿にあるうちのクラスのもう一人のクラス委員を指さして、「この人は来ないの?」と聞くと、
「ああ、もう来ないんじゃない?たぶん先生、あなたを後任の役員に指名したんだと思うわよ」とのたまう。



え?    




ええ~~??


いや、もう、絶対に、無理ですってば。
父兄に連絡電話回せないし。
言葉の壁をどうしてくれるのさ。



そりゃあ、今学期の目標を書かされた時に、「中国人のママ友をたくさんつくりたい」などと書いた気はします。だって、他に思いつかなかったし。


おそらく、中国人家庭の多くは共稼ぎ。
私のような専業主婦は役員としてはまさにカモネギ。
思えば、幼稚園行事にもほとんど皆勤賞で出席してたしね。
先生から見れば、「ふっ、この人ヒマね。役員おしつけちゃろ」ってな感じだったのかも。


はめられた……?


と思ったものの後の祭り。



でも、いったい中国人のPTAとはどんなものなのか興味があったので、しばしおとなしく座って見学してきました。

見ていると、集まっている代表の大半がママ、そして数人おばあちゃん、パパがいるという感じ。このあたりは日本とあまり変わらないかも。

テーブルの上には、なぜか小さいみかんとプチトマトの山がご自由にお取りくださいという感じで置いてあり、お茶が出され、先生がなくなったころを見計らってはせっせとお茶を入れて回ります。

途中、給食を作る調理師お手製というお菓子がふるまわれ、みんなもごもごやりながら司会の先生の話を聞いているという情景。議題は年末に行われる大きな園内行事について。


日本と違うなあと思ったのは、「意見を出してください」というと割とみんなぱっぱと手をあげて、意見を出すこと。日本のように、後になって「あの人一人であんなにでしゃばって」というような陰口をたたく習慣がないんだろうなーと感心。

そういうところは、中国方式にかなり賛成します。

私も隣のママにそそのかされ、さっそく手をあげて質問してみました。
「あのう…、その行事、日程は変えられませんか?(←ヲイヲイ!)」
司会の先生「…なぜですか?」
「私たちの国では、その日は大みそかで、日本から客が来るんです」(←って自分の都合かい!!)
司会の先生「この活動は、クリスマスのお祝いもかねているんです。子どもたちには12月1日から毎日一日ごとにクリスマスが近づいてくることを話します。そして最後のカレンダーをめくった日にプレゼントをもらえるというわけです」
「そうですか…(でも、クリスマスって25日なんですが…)」
司会の先生「というわけで、31日でいいですね」
「はあ…。でも、私参加できないんで…(帰ってもいいですか?)」
司会の先生「じゃあ、こうしましょう。お客さんも一緒に連れていらっしゃい!」
「や、いいです、いいです。私のことはお気になさらず。ただ聞いてみただけですから」

ふう、危ない危ない。
逃げ場を失うところだった。


結局、終始この調子で、その場で、実際やるべきことや、やめるべきこともさっさと決め、だが、なぜかいろんなことの計画がかなり大雑把なままで次にながれていきました。日本だったら、役割分担まで決めて、タイムスケジュールも組んでしまうところを、じゃ、あとは当日。みたいな感覚で終わり。

そうか。だから毎回の行事にハプニングがついているのねえ。

それから、幼稚園で行うバザーについて話し合っていた時に、定価にせず、値段交渉をさせるべきだという意見が多かったのには驚きました。
やはり、この国で賢く買い物するには、幼少期からの教育が大切なのかしらん?
お国柄の違いだわ。


ところで、PTAが終わって、先生に「なんで私今日呼ばれたんでしょう?」と尋ねると、「年末の園内活動に参加したいって書いてませんでした?」と聞かれました。「今日家長委員会でそのことを話し合う予定だったので、お呼びしてみました」


うん?

そういえば、そんな通知の参加欄に○をつけた覚えも。
でも、みんな○をつけて出す類のものだと思ってたのですが。
クラスで私一人だったのか…。



いやあ、まったく、どんなところにトラップがしかけてあるかわかりませんな。
31日ヒマだったら、このまま役員になっていたかもしれん。

それもまあ、中国を知る良い方法ではありますが。




にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京生活情報

育児ブログ・ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。