北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種間に合わず…

予防接種に行きたい、などと書いていたら、予防接種どころではなくなってしまいました。


本日夕方、幼稚園の先生より突然の電話。
「こじゃるくんが38.4度の熱を出しました。すぐに迎えに来て下さい!!」


とうとう来たか。
朝は元気だったんだけどなー。

先生の話によると、昼寝から起きてみたら様子がおかしくなっていたとのこと。

まあ、ここ3週間くらい、ずっと窓からの隙間風が寒い秘密基地の中で、寝袋にくるまって寝ていたわけだから、風邪をひいたとて仕方あるまいという感じ


とにかく、急いで迎えを頼み、インターナショナルSOS北京クリニックに電話。
あいにく日本人の山下先生は、インフルエンザの大流行により診療予約でいっぱいで手があかないとのこと。
中国人の医師でもよいかと聞かれ、構いませんと答える。

病院に向かったのは、人々が仕事を終え、タクシー難民が街にあふれだすちょうどそのころ。
凍えるような寒さの中、なかなかタクシーが見つからなかったらどうしようと思っていたのですが、ラッキーなことに目の前でタクシーをひろった欧米人の男性が、言葉が通じなかったため乗車拒否に遭い、私たちはそのタクシーに滑り込みました。


しかし、おそらくオバマ訪中の影響で、道は大渋滞。
普段なら15分くらいで着くはずが、40分かかってやっと病院に到着しました。


さて、病院の窓口で体温を測ったところ、39.4度にまで上昇しており、こじゃるはそのまま救急へ。
問診の後、鼻水と唾液をとって検査をしてもらったところ、「80%の確立で新型インフルエンザ」との結果でした。

こじゃるは10月に季節性インフルエンザの予防接種も打っているので、たぶんそうだろうとは思ってたんですが。


そのまま、解熱剤を飲まされ、熱が38.9度に下がったところで帰宅。
処方されたタミフルを飲み、うどんを食べて、そのままバッタンキューと寝てしまいました。



今は北京でも、注射なんぞ間に合わないくらい、猛烈な勢いで新型インフルエンザの感染が拡大しているようです。中には2回かかったというつわものもいるという噂もあり、気が抜けませんね。
生まれてから今まで、39度以上の熱などほとんどだしたことがないという、超体の強いこじゃるですらかかるくらいですから。


問題は幼稚園。
熱が下がってから、さらに1週間自宅待機をしなければならないらしく、しばらくは私も外に出られそうにありません


腹をくくって家の中で、長い冬を味わうとしますか。


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京生活情報

育児ブログ・ランキング
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お大事に~

こちらでも、新型インフル猛威をふるっております。

Yさんのとこは2人とも、Hちゃんも3姉妹のうち一番上のお姉ちゃんが
すでにかかりました。
うちは、今のところ免れています。

いちおう、今週から、幼児の予防接種が始まりましたが、
なんせ、数が少なく、かかりつけも受付前から列ができて
いるのをみると、もう、やらなくてもいいか、という気になります。

季節性の方も、このあたりでは、すでに在庫切れみたい。
今年の我が家は、予防接種なしで冬を乗り切ることに
なりそう。注射嫌いの息子は喜んでるけどね。

プリ子ちゃんにうつらないといいね。
1日も早い快復をお祈りしてます。

おがた | URL | 2009-11-19 (Thu) 21:51 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。