北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生落花生の正しい食べ方。


私は中国に来るまで、落花生の殻の正しい開け方を知りませんでした。

本来は、あの頭の方のおへそみたいになっているところの下を親指でぎゅっとやると、縦にぱっくり割れるらしいですね。


じゃあ、それまでどうやって開けていたかというと、真ん中のくびれている部分から二つに折ってました。折れないときは、歯でガリっと。

中国に来ると、やたら殻がついた豆が売っていて、たとえばひまわりの種だけでも何種類もあるし、かぼちゃの種なんていうのも、ほとんど殻を剥く作業をしたいがために存在するとしか思えない身の薄さなんだけれども、かなりポピュラーな食べ物。

それを、暇そうな人たちが、殻をうまく吐き出しながら、ちまちまと食べている。

人間は繰り返しの作業によって、無聊を慰めることができるようで、要するに娯楽のない時代の名残なのかなとも思うのです。




さて、昨日今日と2日間、大きな買い物袋一杯の落花生を剥き続けていました。


大半を剥き終えた現在、私の親指の爪は、必死に素手で崖をよじ登った後の人のように、まっくろでギザギザです。おへそつぼを押すも生ピーナツにはあまり効果がなく、とにかく爪でむりやりこじ開け続けた結果、爪の白い部分より奥にも泥が入ってしまうという有様。


というのも、別に無聊をかこっていたわけではなく、こざるが幼稚園の遠足で落花生堀りに行ってきたからなのです。

イモ堀りでも、梨狩りでもなく、落花生…。
しかもおまけのように、変な形の大根まで入っていました。


落花生というのは、普通私たちが食べる時には、乾燥されているのが一般的。
生の落花生を大量に持ち帰られても、実はあまり料理方法がありません。

それなのに、幼稚園からの通知で、「金曜日には、落花生で制作した食品を幼稚園に持ってくるように」とのお達し。


ネットで引いてみても、ゆで落花生の紹介記事ばかり。
ゆでただけではさすがに“制作”にはならんだろうなーと、
悩んだあげく、最初に作ったのが、ピーナッツ衣の鳥の唐揚げ。
これなら、ピーナツごと油で揚げてしまうのですから、生だって大丈夫だろうと。


鶏肉に酒と醤油少々と生姜で下味を付け、水溶き片栗粉にみじん切りにしたピーナツを絡めて衣にして鶏肉にまぶし、さっと揚げるだけ。

かなりおいしかったのですが、落花生がおいしいさを引き立てているというより、鶏肉自体がおいしい気も。しかも、鶏肉が300グラムしかなく、幼稚園に持っていくにはちと足りない感じ。まあいいやと、夕食のおかずにしてしまいました。


で、もうひとつ考えたのが、ピーナッツバター。
本当は乾燥ピーナッツで作るらしいのですが、ゆでピーナツで作れないこともないということで、さっそくためしてみました。


大鍋でピーナツをぐらぐら煮ること1時間。
さらに殻むき1時間。
結局作業にとりかかったのは夜中の12時でした。


しかも、フードプロセッサーの代わりに、過重負担をかけると煙が出てくる中国で買った使えないミキサーで落花生を粉砕。
すりこぎでさらに細かく練り上げなくてはならないのですが、そのすりこぎもゴマをする大きさのものしかない。


でも、こざるのためならおかーさん、がんばるわ~。

練った落花生に、無塩バター、砂糖、はちみつ、をお好みで混ぜて、さらにこねて出来上がり。
クラッカー付きで持たせました。

幼稚園では、みんなでそれぞれ持ち寄った食品を食べ合ったといい、友達の評価はともかく、こざる的にはかなりおいしかったようで、珍しくもう一回作って~と言われました



そして本日。
まだまだ余っていた落花生を剥くこと2時間、かなり自己流な宮保鶏丁を作ってみました。
が、やっぱり生の落花生ではカリカリの歯ごたえが出ず、味は似て非なるもの。


ということで、残る落花生、どう調理してくれようか。
こざるのリクエストにこたえて、ピーナツバターにすべきか。


いずれにせよ、また殻むきをしなくてはならないわけで、真っ黒になった親指を見て、落花生はやっぱりヒマな人の食べ物だと確信したのでありました。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

落花生、調理は大変だけど、こどもにとってはすごく印象的でしょうね。「ピーナッツがこういう風になるんだ~。」と。
残りのピーナツはまたピーナツバターにするのに一票。おいしそうだもん。
もしくは地道に干すとか。

中国人に日本語を教えてた友達が、「冬の過ごし方」を学生に語らせたら、「寒くて家にいることが多く、暇なので瓜子を食べます!」って回答したそうです。まさに暇つぶし食品なんですね。

dayko | URL | 2009-10-17 (Sat) 08:59 [編集 ]


落花生との格闘、おつかれさま~~~。
それだけ作ってまだ残りがあるとはホントすごい量だねぇ。

huizi | URL | 2009-10-18 (Sun) 16:12 [編集 ]


あの大量の落花生、最後は残ったのを全部ゆでてしまいました。

これが一番正しい食べ方なのかも(楽で)。
しかし、食べるのにも殻むきが必要…。
もう当分落花生はいらないという気分です。

ろば子 | URL | 2009-10-18 (Sun) 16:52 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。