北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事なセーフティーネット

一人のとき、タクシーはなるべく助手席に乗る派です。


あんなに恐れていた北京のタクシー運転手。R化が徐々に聞き取れるようになってくると、とても楽しいおしゃべり相手だということが分かってきました。


そして、先日。
夕刻が迫る中、運転手のおじさんは、私を観光案内でもするように
「右のあの建物は清朝時代の○○が住んでいたところで…」
などと滔々と語り、我々は和気あいあいとおしゃべりしながら目的地にむかっていたのでした。

盛り上がっていたので、運転手さんはシートベルトを着けることすら忘れ、途中「いけねえ、忘れてた。どこで警察に捕まるかわからないからねえ」とベルトのヒモをカチンと差し込んでおよそ30秒後…



前方の薄暗い背景の中に飛び込んできたのは、白バイ警官の姿。


なんとなく一瞬緊張が走る車内。

と、警官、我々を指差してこっちにとまれと合図しているではありませんか。
「おれ、何かしたかなあ…」と急に落ち着きなくエンジンをとめたり、サイドブレーキをひっぱったりする運転手。

警官が近づいてきて、免許証を見せろという。
なんでも、シートベルトの違反ではなく、車線変更してはいけないレーンで変更した…とのことらしい。
その間も次々と色んな車が捕まるけれど、なぜか免許を見ただけで無罪放免となる人もいたりして、ああ、なんかの有力者なんだろうなあと想像しながら見送っておりました。


さて。
しばらく車外でのやりとり。
運転手さんは一生懸命何かを警官に訴えているみたいだけど、一顧だにされない感じ。
そのうち、運転手さんが思いついたように、どこかに電話をかけながら車内に戻ってきました。
戻って、その辺の紙に電話番号をメモしてる。

会社の有力者にでも連絡するのか?


と思って聞き耳を立てていたら、誰かどこぞやの有力者に警察に連絡してほしいと言っているよう。
その後、その相手から、目の前の警官に連絡が行き、なんとあっという間に一見落着。
あれだけがんとして首を縦に振らなかった警官が、行ってよしのジェスチャーをするじゃありませんか。



運転手さんに聞くと、実は知り合いの知り合いに警察官がいて、その人にお願いして連絡してもらったらしい。
すぐにあとで携帯でお礼の電話を入れていて「とっさに、娘婿だっていっちゃったよ。本当にありがとう。こんど一杯やりましょう」などと話してました。


中国で大切なのは、何よりもコネ。
コネがなければアウト、という実態を思い知った一幕。


ちなみに、車線変更の違反は3点で100元の罰金。
が、タクシー運転手が恐れるのは罰金ではなくて会社に通報されて、三日間の業務停止になること。
彼の一日の売上が500元。三日で1500元も損するなんて、割に合わない…とぼやいてました。

この点数一年間で12点しか持ち点がないらしく、これを二回切らすと首になるそうです。


まあ、日本でも10年(もっとか?)くらい前までは、知り合いにそこの管轄の警察署長がいると、簡単な交通違反くらいもみ消してもらえる…なんて噂もきいたことがあるくらいなので、中国に限ったことではないかもしれませんが。




北京生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-07-18 (Fri) 22:11 [編集 ]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-07-23 (Wed) 19:34 [編集 ]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-07-24 (Thu) 02:07 [編集 ]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-07-28 (Mon) 19:17 [編集 ]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-08-08 (Fri) 17:57 [編集 ]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-08-16 (Sat) 19:28 [編集 ]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-08-27 (Wed) 02:17 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。