北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語劇【珈琲店的太太】-偶然が作った必然の芝居

東城区東綿花胡同の蓬蒿劇場で、日中混合キャストによる日本語の芝居を上演しているというので1日、見に行ってまいりました。演劇は見るのも読むのも好きな私ですが、まさか中国で日本の小劇場芝居が見られるとは思ってもいなかったので感激。
そして、芝居のラストで客席に届けられたメッセージに、これまたドキュンとやられ、感動したのでした。


    ■      ■      ■


さて、お芝居のタイトルは「珈琲店的太太/青木さん家の奥さん~Catch the Beijing Dream!~」

もともとは、関西の劇団、南河内万歳一座の人気演目らしい。
それを、演出の雨晴義郎さんが劇団から承諾をもらった上で、脚本を北京バージョンに手直しして上演。
出演者の5人は日中混合編成で、初めて舞台に立つ人もいるというから、ほんとうに背景も国籍も年齢も超えて様々な人が集まってできたお芝居と言えるかもしれません。

本家本元の「青木さん家の奥さん」も、アドリブの多い比較的自由度の高い芝居だそうで、それがうまくこの北京で多国籍のお客さんに見せるというシチュエーションに合致していました。
100人収容という小劇場の奥には、中国語の字幕も映し出され、中国人のお客さんもギャップをそれほど感じずに楽しんでいた模様。そういう意味では、こういう形の芝居がもっと作られてもいいと思いました。
さすがに、途中日本の歌謡曲が流れると、「これ何?」という反応でしたが…。


あらすじ。

主人公真二は、アクション俳優を目指し、日本の劇団を辞めて香港に行くつもりが、まずは普通語を習得しようと北京にやってきた。アルバイト先の酒問屋で、先輩配達員が先を争って配達をしたがる幻の美女、〝太陽珈琲店の太太〟の話を耳にし、「自分も配達に行きたい」と言い出すが、そこで先輩たちから配達のやり方を教えるという名目で無理難題を吹っかけられ…。


出演
黒木真二 于智为  大手紳太郎 陳黛英 川邊誠

3月2日まで。

 
    ■      ■      ■


幕前に、劇団のマスコットガール黄芬さんが出てきて、中国語で一冊の本を読む。
タイトルは「长大了以后做什么?」(おおきくなったらなんになる?)


マスコット
(絵本を読むマスコットガールの黄芬さん=1日、蓬蒿劇場で)

芝居がはじまると、その問いかけの意味など忘れてしまうのだけれど、これが実は作品全体を支える大きな動機づけでもある。

芝居は、酒問屋の倉庫らしい酒や牛乳の段ボールが積み重ねられただけのシンプルなセットの中だけで進んでいく。このお芝居は、次々と目の前で新たな展開が起こり、ストーリーが運ばれていくというものではない。それどころかこのセットの中から永久に出られないのではないか?と思ってしまうほど、同じこと、同じセリフが繰り返され、主人公の成長というか変化も遅々として見えてこない。

もちろん、そこは北京ネタと役者ネタを豊富に詰め込んだギャグの応酬で飽きさせないのだけれど、登場人物5人が倉庫の中で、いるのかどうかも定かでない「珈琲店的太太」への妄想を膨らませていく様は、ベケットの「ゴトーを待ちながら」そのものの手法で、加えて先輩たちの言動がどんどんと現実離れしていくに至っては、不条理劇なのか?と疑いたくなる一歩手前までいくのだ。


以下少々、ネタばれ
















ところが、ある一点で突然、不条理がまっとうで愛すべき道理に裏返る。
主人公が成長したことを発見する。
そしてさらには、それが現実とリンクしていることにも気付かされる。

このリンクは、偶然とは思えない劇外へのリンクも含んでおり、私たちはもう一度、パンフレットを見直してしまう。
つまり、なぜシンジは、役者の本名のままで出したのか。
なぜ何度もブルースリーのモノマネをさせられていたのか。
さらには、演出の雨晴義郎さんがフリー雑誌の「SUPER CiTY」上で連載していた、芝居を上演するまでの苦難に満ちた日々を綴ったエッセイのことまでもが頭をよぎる。
もしかしたら、このメンバーでこの芝居を北京という未知の地でやるのは、あらかじめ決められた必然だった?



〝配達はドアを開けたら、その先に何が待っているか分からない〟(大意要約)


最初の絵本の朗読とあいまって、このセリフが、北京で道なき道をゆくさまざまな立場の観客たちの胸にもきっと響いたことと思う。




ところで、演出および演技についてだが、役者の方たちはぱっと見た感じ、どの人が初舞台でどの人がプロなのか分からないくらいのレベルになっていた。
稽古の激しさがしのばれる。

マー君は、長渕剛が好きな兄貴風を吹かせた仕切り屋らしく、後半に行けばいくほど特に配達の訓練のシーンでは小気味よく仕切っており、時に芝居の流れを引き締めていた。歌は最高にうまかった。

エイちゃん役の陳さんは、女性だというのがまったくもって気にならないという稀有な存在。というか、演技力のたまものか?手品の腕前もなかなか。

イカさんは、本当に中国人??と思うほど日本語が堪能。ガンダム好きの私には、「おやじにだってぶたれたことないのに!」というセリフがかなりツボだった。

タロちゃんは、もともとの性格が不思議ちゃんでないとしたら、かなりの演じ手。棒読みっぽいセリフまわしなのだが、役作りなのか、素なのか見分けがつかない。ともかく太郎というキャラに独特のオーラを与えており正解。

シンジくんは、身長もあり、身体能力も高そうで、ほかの作品も見てみたいと思わせる役者さん(本当は映画監督専攻らしいが)。今回の真面目純情青年だけではなく、だらしのないいいかげんな役だったらどうだろうとか、冷静でクールな役だったらどうだろうとか、いろいろ想像するだけで楽しい。


演出は、オリジナルを見ていないのでなんとも言えないが、テーマをしっかりとらえた演出だったと思う。一人一人のキャラの把握とすみ分けもしっかりしており、無理がない。見ていてこれは役者の素なのか?と思わず思ってしまうほどだったので、すごくうまくあて書きしているか、すごくうまく稽古したか。
欲を言えば、前半にもう少しテンポがほしかった。毎回5人が同じことを繰り返すので、客席には先が読めてしまう分、そこをテンポの良さで盛り上げられればさらによかったなと。途中に入る歌は総花的に入れず、もう少し絞って使うのもアリかも。

ラストの演出は感動的。
余韻の残る終わり方だった。


珈琲店
(拍手を受ける出演者たち=同)


ともあれ、中国の小劇場で日本語の芝居を上演するという困難に挑んだみなさんに、心から拍手を贈りたいと思う。


   ■    ■    ■


ワタクシ事なのですが、「おおきくなったらなんになる?」というのは、我が息子がよく私に聞いてきた質問でもあります。

私は困って「お母さん、もう大きくなっちゃったけど、何にもならなかったなあ~」と答えていたら、何度目からか、「ちいさくなったら何になりたい?」という質問に変わりました。


ちいさくなったら、とってもなりたいものはある。

それで、お母さんは、いまだにちいさくなったらなりたいものを忘れられないんだよ。



お芝居は、そんな私の背中をちょっとだけ押し、ああこれも偶然のような必然だったらいいのにな、と思ったのでした。




北京生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

行ってきました。

こんにちは! 私も千秋楽に行ってきました。
おもしろかったですね~~。また、こうしてブログなどで
いろんな方の感想に触れられるのも楽しいです。
ぜひ再演して欲しいですよね!

今日はどうしたわけか?ドラバがなかなかできなかったので
ここに貼らせていただきます。よろしくお願いいたします!
http://pekin-media.jugem.jp/?eid=813

しゃおりん | URL | 2010-03-04 (Thu) 00:27 [編集 ]


Re: 行ってきました。

しゃおりんさま

ブログ拝見しました~。
ああやって北京の小さな劇場に座って、日本語の芝居を見ている、北京だということを忘れてしまいますねー。心の洗濯になりました。

また是非公演をうってほしいものですね。

ろば子 | URL | 2010-03-05 (Fri) 20:56 [編集 ]


 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昨夜の「珈琲店的太太」の別の感想(ブログ)を発見

 昨夜、見た演劇「珈琲店的太太」の残像がまだ、何となく頭に残っている。 さきほど、ちょっとネットで検索をしてみたら、昨夜、この演...
[続きを読む]

北京老学生のつぶやき | 2010-03-02 (Tue) 15:28


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。