北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東岳廟廟会の味わい

体調も戻ったので、朝陽区の東岳廟廟会へ行ってみました。


東岳廟は、1319年に建てられた華北地区最大の道教寺。
ほかの廟会に比べ、老北京の味わいが濃く、道教の新年の儀式などを行っているので、お参り雰囲気が出るのが特徴。


入口


入場料10元。

境内には、絵馬同様の願い事を書く赤い札などもあり、日本の初詣をほうふつとさせます。

粘土人形

東岳廟は神像が多いのが特色の一つ。
だがしかし、この廟もご多分にもれず、解放後は学校や党の機関の敷地として接収されてしまい、道士たちも離散。文物に至っては、文革期にかなり深刻に破壊されてしまい、ほとんど荒れ寺と化していたのを、80年代になって修復し、現在では国家重点文物となっているそう。

その際、寺の神像も修復されたのが上の写真。有名な美大の大学教授が作ったというのですが、出来は…?
日本と違って泥人形というか、粘土で作ってあります。
が、過去の写真の中には、銅で作ったと思われるものもあり、

大帝

これなんかはご本尊の東岳廟大帝なんですが、奈良の大仏的な威風堂々たる様です。(おそらく破壊されたため現在は見られない)
どうして新しく作ったのはみんな泥人形なんだろうか。



さておき、境内には物売りはもちろん、輪投げとか、回転木馬とか、子供が喜びそうなゲーム屋台も出ていて、まるで縁日。

縁日


裏には、舞台も設置され、ささやかな伝統芸能が披露されます。


雑技 変面

おなじみ。雑技、そして変面。


覗く全体


これは拉洋片と呼ばれる民間伝統芸能の一つ。
簡単に言ってしまえば、覗き紙芝居で、

覗く

この凸レンズから箱の中を覗くと、中に紙芝居の絵がかけられており、横のおじちゃんが絵に合わせて、内容を唄い上げる形式。おじちゃんがひもをひっぱると中の場面が変わるというわけ。

覗く

へたうま絵?
この日は、たぶんこの寺の近代史だったようで、八カ国連合軍がこの寺を壊したいきさつが描かれていたっぽい。
イギリス兵が大砲ぶっ放してました。



1人人形劇


これも民間伝統芸能の一つで、一人人形劇。
大人の頭より少し上の高さに人形たちの小さな舞台がしつらえてあり、ちゃんと、上手下手に入口出口もついています。その下のカーテンの中に、人間が一人入って、小さな人形を一人で操りながら、一人何役も声色を使い分けて演じるという芸。

寅年らしく、虎が人間を食べてしまい、それを妻?がまた虎のお腹から引っ張り出すというお話でした。



春節を過ぎたといっても、まだまだ風は冷たく、門の外に並んだ小吃(軽食)の屋台看板がうれしい。
老北京味を堪能できます。

爆


これは爆肚という北京風味。
牛、もしくは羊の胃袋を細く切って茹でたもの。
これはスープがあるもので、香草と乾燥唐辛子の味付け。
正直、激うま。
今まで北京で食べた小吃の中で、一番おいしかった。


ぐわんちゃん

いわゆる北京灌肠と呼ばれる食べ物。

もともとは豚の腸を使っていたので灌肠という名前がついたらしいのですが、今はでんぷん粉を用いて丸い形に成形したものを揚げているのだそう。
上に、食塩ニンニク水のようなものをかけて食べます。
食感は、中身ふんにゃり外カリカリ。それ自体に味はないので、もっぱらニンニクの味を楽しむべしという…。


梨湯

梨湯。
ほんのり甘い味のお茶。
中に銀木耳や棗、桂肉などが入ってました。




というわけで。
東岳廟の縁日、いや廟会をざっとリポート。
人出も大したことはなく、のんびりお散歩するにはよい廟会です。


東岳廟
北京市朝陽区朝外大街141号
010-6551-0151




北京生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。