北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなプロポーズ

2月に入り、人がぐっと減ったように感じる北京です。


今日も夕方世貿天階を歩いていたのですが、日曜日だというのにがら~んとしている。
北京一、二を争うオシャレスポットがこれでいいのか?
まさか、もうすぐ倒産?


と思っていたら、旧正月が近づいていて北京自体に人が少ないよう。

それでも、全長250メートル、幅30メートルの巨大天井スクリーンではいつものように映像を放映していて、なんとなく天井をみながら歩いていたら…



派手なホッキョクグマの写真の後に、

「嫁给我吧!」(結婚してくれ!)


の文字。

何、何、何だ??


左右前後を振り返ると、東門の方から遠くからでっかい花束と大きなぬいぐるみを抱えて走ってくる10人くらいの集団が。


それより手前に視線を転じると、なんとスーツ姿の男性がジーパンに軽いダウンジャケットの女性にひざまずいて指輪を渡しているではありませんか!!


Oh~!公衆の面前で、まさかのプロポーズ!!


女性の方は指輪を受け取ると涙目に。
二人はみんなの前でキスをして、祝福の拍手を受けていました。



きっとサプライズだったんでしょうね~。
いや~、中国人ってロマンチスト。


ところで、この巨大スクリーン、昨年4月、人気俳優の黄晓明が母の日のお祝いに借りたときには、10分で10万元のレンタル料と報じられていました。今回は、たぶんものの1、2分ほどだったような気がするのですが、それでも単純計算で1万元(約13万円)以上??


私はバブル崩壊後世代で、クリスマスデートは高級レストラン&ホテル…みたいなのは経験したこともないのですが、先輩たちの話を聞いて想像するにきっとこんな感じだったのだろうなと。


経済成長が続き、「超日」などと気勢を揚げる中国でも、バブル恋愛が流行りつつあるのかもしれません。



北京生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。