北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八大処―初詣を思い出す


携帯電話の番号を変えた通知をしたら、広州時代の書道の先生からこんなメールをもらいました。

「八大処に行きなさい。10月中は世界に二つしか残っていない釈迦牟尼の歯が公開されている。ものすごく貴重な機会だから、是非行ってきなさい」。


釈迦牟尼の…歯


「以前わざわざ見に行ったのに、見られなかった。もう一回見る機会があるといいが」
って、先生。そんなに見たかったのね。
よし、ならば私が代りに行ってみてきてあげよう!!


ということで、行ってまいりました、八大処公園。

百度百科などによると、八大処とは、北京の西郊外石景山区に位置する8つの古刹で、一処長安寺、二処霊光寺、三処三山庵、四処大悲寺、五処龍泉庵、六処香界寺、七処宝珠洞寺、八処証果寺まであり、古くは隋代に建造されたといいます。

十二景とも称えられ、昔の文人たちが一度は行ってみたい憧れの地だったとか。

1900年、義和団事件に際し、北京に出兵した八カ国連合(日本軍が一番多く参加していたらしい)の砲火によって、一度壊滅。また文革時代にも破壊されたりしたのが、文革終焉後に国家プロジェクトとして再建され、今では国家4A級の旅行地区となっているそうです。


その中で、例の歯がおさめられているのは、二処の霊光寺。
市内からタクシーで1時間ほどかけて向かった私たち(料金は約80元)は、まっさきにこの寺を目指したのでした。


霊光寺


古刹なのに、どこも新しい香りがするのは不思議ではありますが、なかなか美しく修復されています。
相当の混雑を予想して行ったのですが、園内はほどよくのんびり散策できる人出で、中国の観光地にありがちな浮き立った感じがありません。


が、待てよ。

歯が公開されているわりに、すきすぎている。


と思って、寺の人に聞いてみると、
「ああ、それなら昨日で終わったよ」。


ガーン。
10月中って、31日までじゃないのか。


仕方なく、普通に参拝することに。
でも、こちら、なんとなく日本のお寺を彷彿とさせる静けさ。
来ている人達が、観光というよりも真面目に参詣しているという感じです。

境内でたくさん見かけるラマ教の僧侶の姿も影響しているのかもしれません。


釈迦牟尼の歯を祀った13層の仏舎利塔の周りを、何度もぐるぐると回っている僧。
片隅で数人で座りながら、お経を唱える僧。

座って焼きそばを食べていた若い僧侶に声をかけると、わざわざ釈迦牟尼の歯を見るために、チベットからやってきたといいます。

書道の先生も、禅宗の僧侶の弟子となって書を学んだという人で、敬虔な?仏教徒にとっては、とても大きな意味を持つお寺なんだろうと想像。


もちろん、一般の人も大きなお線香をあげて、真剣に参拝しており、私はふと初詣を思い出してしまったのでした。



  ■    ■    ■


ところで、古刹めぐりだけでは、子連れにはちと苦しいところがありますが、八大処公園と名前がついているだけあって、あります。子供も楽しめるものが。


それは、ロープウェーで山の頂上までのぼり、

ロープウェー


あ、途中紅葉が始まっているのが見える。

紅葉


頂上から、一気に下りてくるスライダー!!

スライダー


こじゃると二人乗りしましたが、ハンドル操作を彼に任せたため、スピードを出しまくられてかなり怖かったです。

ちなみに、行きのロープウェーとセットで、大人80元、子供(身長1.4メートル以下)40元。16:45まで。


帰りは公園内の軽食屋で熱い奶茶を注文。
したはずだったのですが、出てきたのは、粉ミルクと砂糖と片栗粉をまぜて砂糖で溶かし、ゴマをふりかけたような妙な食べ物(5元)。なんじゃこりゃーな味でしたが、体は温まりました。

ないちゃ


八大処公園
 住所:石景山区四平台村八大処公園
 電話:88964661
 入場料:10元
 
 地下鉄1号線八角游乐园からバス389で12駅(八大処駅下車)。






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。