北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国ネットサービス業はすでに超日

春休みに日本に一時帰国しようと考えていて、今日懇意にしている中華系旅行会社に電話したところ、私の故郷の名古屋に直行するCAはなんと9000元代(つまり正規料金)だとのたまう。

ほんまかいな。


さかんに青島経由のMU(税抜2850元)を勧められたのですが、直行便ではないため、赤ちゃんと幼児を連れて1人で帰る私にはちょっと厳しい選択。
前後の日も含めて、直行便を探してくださいとお願いしたのですが、それでもMUを、とのことだったので、ネットで自分で探すことにしました。



使ったのは、Ctrip(携程網)というサイトで、ネット上ですばやく安いチケットをいくつかピックアップしてくれ、そのまま予約できるというシステム。

残念ながら赤ちゃん連れの場合、ネット上では予約ができないので、電話での予約が必要となるのですが、これがなんと24時間対応だとか。


かけてみると、感じのいいお兄さんがとても分かりやすい中国語で応対。
赤ちゃん連れだということを話すと、「分かりました。ではこちらで承ります」とさわやかにお答えになる。

希望の航空会社と日付をいうと、普通にCAの直行便、ある。
しかも、ちゃんと3000元代の格安航空券の価格です。

価格確認の後は、名前をアルファベット表記で聞かれます。答えると、向こうから私の携帯メールに綴り確認のメールが。その後、子供二人の分も同様に手配し、それで完了。


すぐに携帯に予約番号が送られてくるので、出発の約1カ月前までに同じ番号に電話をかけ、発券作業(出票)をすればよいとのこと。しかもそれまでは取り消し自由。(もちろん価格の変動はある)


しかも、発券された後は日付指定で自宅まで届けてくれ、そこでチケットと引き換えにお金を払うという…。


なんて便利!!!


そして安い!!!



私、こっちではネットで買い物とか、家庭教師を探すとかするんですが、それらを使ってみて思うのは、意外にもサービス内容が進んでいるということです。


迅速。
丁寧。
親切。



はっきりいって、日本の格安航空券を扱っている某大手旅行会社などよりはずっとよい。
日本のサービス業は労働者の賃金低下に伴ってどんどんと質が低下していて、その惨状に日本人は自覚的になった方がよいと思います。

去年、その某大手旅行会社の新宿店で、姑が中国に来るための航空券の手配をお願いしたときなど、発券されるまでのわずか2、3週間の間に、なんと担当者が二人も会社を辞めてしまいました。

ビザの手続き代行をお願いしたら最初の担当者に「できない」と断られ(そんなバカな…)、チケットが発券されたかどうか確認のメールを出しても返事も来ない。仕方がないので、直接海外から電話をかけると、いつも留守。

必ず一度「少々お待ちくださいませ」と言って受話器を保留にしてから、再度取り次ぎの人が出て「女性の○○ですか?男性の○○ですか?」などとしらじらしく聞き、「あいにく男性の○○は外出しております」と言うんですよねー。つーか、居留守でしょ?


その会社には昔友人が勤めていたことがあり、内情を聞くと「職場に30代はいない」とのこと。
みんな仕事が続かず3年で辞めてしまうのだとか。
だから、仕事のノウハウとかサービスの心得とかが伝授されていかないのだと思われる。

正直、格安の格安航空券まで出回っている昨今、先は暗いと思う。



それに比べ、中国のこういう新しい分野の会社は意欲的にサービス向上ということに取り組んでいるように思えます。
一昔前の、国営企業的なノリはまったくなく、かといって日本のような過剰さもなく、合理的かつスピーディーなサービス。まさに、新時代の中国的服務基準といった感じ。


前出の中華系旅行会社にしても、やはり親方日の丸的営業の日系よりはずっと対応がよく、こちらのリクエストに分刻みでメールや短信をくれます。自分が外出する際は、メールで「これから外出しますので、何かありましたら携帯にご連絡ください」と一言残しておいてくれる。中国人担当者が、ですよ。


だから、ほんと、うかうかしてるとソフトの分野でも、日本はそう遠くない将来に中国の後塵を拝すようになるんではないかしら。

日本のサービスは最高!と日本人自身が思っているのは、比較的アナログな分野だけで、しかもそこは過剰なサービスに必要以上の経費がかかっていたりして、なんとか持っているのが不思議なくらい。

従業員の個人的な努力で成り立っているようなもので、サービスのシステム自体を見直さないと厳しいんじゃないの?と余計なお世話だが、思ってしまうのです。

サービスがすばらしくても、チケットが高くてあまり利用できずにいたら倒産したJALの例もあるし。



そんなこんなで。
あっさりと使い勝手のいい外国の会社を利用するあたり、私にはまったくもって愛国の情というものがないのかもしれません。

でも、古いシステムを保護して生き延びるより、イノベーションしてほしいのよ!!と一消費者としては思うわけなのです。そしてそうでなければ、もう日本はサービス業すらダメだ…と一駐妻ながら国を憂いているのであります。




北京生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

よい美容室の条件

北京に来て半年。

これまで3回、美容室で髪を切ったが、なかなかここぞという出会いがないです。
ああ、どこかにないものか。
究極のヘアサロン。


ちなみに、私の探し求めるヘアサロンの条件とは、


①スタイリストがみなおしゃれなイケメンで接客上手(会話が弾む)
②技術が確か
③価格がリーズナブル(安すぎず、高すぎず)
④店の内装、スタッフ同士の関係など、雰囲気がよい
⑤マッサージや洗髪のサービスがよい


広州にいたころの最後に通っていたのは、ちょうどこの条件を満たすサロンで、私担当のお兄さん(推定36歳)はベテランでうまくて、イケメンではなかったけれど、力の抜けたおしゃれな感じを漂わせる人。
「おれ、普通語あんまりうまくないから…」などといいつつ話してくれるのが心地よく、ちょっと待たされるのが玉にキズでしたが、料金も100元とまあ、納得の価格。ほかのスタイリストさんもみんなイケメンぞろいで、目の保養に行っていたのに引っ越しなんて。残念。

ちなみに、中国では伝統的に理髪師は男性の仕事だそうで、女性のスタイリストさんってまだまだ少ないみたい。
広州では、あ、このお店女性がいるじゃん!と思うと、実は風俗系のサービスのお姉さんだったりして、いや~ん、そのおじさんとどこに消えてくの?っていう光景に注意していると気がつくらしいです。



日系ヘアサロンは?という疑問の声も聞こえてきそうですが、私、基本的に日系にはいかないようにしてます。(すみません!日系美容院関係者各位)

料金が中国系に比べて高いのもありますが、私にとっては美容院のひとときも貴重な中国人とのコミュニケーションタイムなので、わざわざ日系に行くのもなんだなーと。


でも、日系はともかく、中国系の美容院の情報はすこぶる少ない気がします。
ネットの情報は、悪い話しか載っていないし、ヘアカタログみたいな中国系の情報誌も見たことがなく…。

勢い、人のうわさで飛び込みで行ってみることになるのですが…



最初に行った店。

某高級ショッピングモールに入る店。
中国人スタッフのみだが、最高級理髪師で240元という高さ!
私は、一つ下のランクの高級理髪師に頼んでみる。180元。
中華系としてはかなり高級レベルなのではないかと思う。


店の内装は、毒々しい。
ショッキングむらさきと黒。アナスイ?

カット180元のスタイリストは、顔はまあまあ好みなんだけど、なんとなく体全体に気の緩みが出ている太り方。
シャツがよれよれ。
「こんな感じに…」と、持参した写真を見せると、私の髪を触りながら「わかった」とうなずく。
その辺のしぐさはベテランっぽいな。

いけるかも?


ところが、洗髪をしてくれる新人君は、なんと爪が伸びている。
洗髪で痛い思いをしたのは初めてだ~と思いつつ、我慢する。

カットは、どうかというと、これがなかなか早くてうまい。
しかし、あきらかに私の持ってきた写真と違う。
最近中国ではやっている系の髪型に、なんとな~く路線変更されている。

でも、ま、仕上がりを見ると、似合うのでOKとする。


が、帰り際に何度も、「髪の毛染めなよ。染めないと可愛く見えない」(←悪かったな!!)と営業トークを繰り返され、「なんだよ。それが目当てかよ」とがっくり疲れる。

ヘアスタイルの持ちもよく、技術は確かでした。


イケメン度:★★★
カット技術:★★★★
お値打ち度:★
雰囲気  :★
サービス :★




さて、次に行ったお店は、某雑誌で紹介されていたところ。


ビルの一室にこじんまりと作ってある店で、店内はオーナーの趣味が反映されているのかポップでかわいい。
日本に留学経験のある中国人の店ということで、心なしか日本をほうふつとさせる内装。

洗髪の際、マッサージサービスなどもあり、なかなか快適な感じです。


がしかし、私の担当で出てきたスタイリストの男の子。

オーマイガー!


なんだ、その髪型は!!
田舎のヤンキーじゃないんだからさー!
(茶髪のロン毛をオールバック、ヘアバンドで留めている)


私は、自分の外見にこだわらないスタイリストを信用しない。
特に、自分の髪型にこだわらない人!!

なんでこの業界入ったの?


案の定。

私がわざわざ写真を持って行ったというのに、全然見てない。
人の話も聞いてない。
ごめんよ、下手な中国語でさ。


それまでの髪型を少し短くそろえただけ。

しかも、前回と違って左右が不揃いになってる!!
前髪が横の髪とつながってない……。


やっぱり、トップスタイリストをちゃんと指名すべきだったわ。

価格は80元と安かったけれど、この技術でこれ以上とったら怒る。
ごめん。もらった名刺は、二度と使わないと思う…。



イケメン度:ゼロ
カット技術:★
お値打ち度:★★★
雰囲気  :★★★
サービス :★★★★




そして、今日いったお店。
中国人の知人の紹介。

まず、約束の時間に行くも、人がいない。
電話してみると、まだ店についていないという…。

仕方なく、30分後にもう一度行く。


今度はいた。

なかなかフレンドリーな人。会話は弾む。
しかし!

私が朝一のお客で、そりゃあなんの準備もしていないのはわかる。

が、

店の掃除が、まったくされていない。
床に昨日の髪の毛が。

シャンプー台のタオルが、何日もたぶん洗われずに敷かれている。


オーマイガ―ッ!!


鏡の前に置いてあるさまざまなスプレーなども、超乱雑。
どうなのこれ?
並べるだけのことだよね?

お願いだから、棚のホコリ拭いてちょうだい!!
私は全く潔癖症じゃないけど、それでもちょっとぞっとしないわよ。


まるっきり、男所帯のアパートを覗いた感じ。
店の子たちもフランクでよかったんだけど…。

カットは。
やはり、私の持って行った写真は、ちょっと彼らには高度すぎたようです。
普通のショートカットになってました…。
で、96元。

そして、家に帰ってから、左右の髪の長さが微妙に違うことに気づき、自分で切りました。

やだ、私うまいじゃん!



イケメン度:★★★
カット技術:★★
お値打ち度:★★★
雰囲気  :ナシ
サービス :★★





そんなこんなで、私の究極のヘアサロンを探して三千里はまだまだ続くのであります。
中国系のイケメンぞろいの、でもリーズナブルな、カットの上手な、清潔感のある流行っていそうなお店をご存知の方。どうぞ、教えてくださいませ。


わたくしも、いいところに出会った暁には、是非みなさんに名前公開で紹介いたします!




北京生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

送れない

昨今、中国ではサービス業のサービスもぐんぐん向上しており、不自由を感じること自体とても少なくなっているのですが、変なところで思わぬ壁が出現したりするところは相変わらずかもしれない。


本日、いつも色々といただいてばかりの広州の知人に、日本メーカーの化粧水と乳液を送ろうと思い、いつものように箱に詰め、箱の口はガムテープで止めないまま郵便局に行ったところ、いつものお姉さんがおらず、そこには、郵便局員だというのにシャツもよれよれな、仕事できなさそうなお兄さんが。


「中身何?」
と聞かれ、

「化粧品」
と答えたら

「送れない」
とそっけなく言われ、
また適当に言ってるな、と思ったのだが口にせず、
「いつものお姉さんは?」と聞くと、
別の日に持ってきたって駄目だと言いたげに「それは禁寄(送るの禁止)品だ」とのたまった。


禁寄品なんてものがホントに存在するのか疑わしく、家に帰って調べたら、オリンピックのときと、昨年の国慶節期間中、2度に渡っていわゆる“禁液令”なるものが発令されていたことがわかりました。


すなわち、液体類、粉末類、クリーム状のもの、よくわからない金属、何が入っているかわからない液体もしくは気体の容器が送れないんだそう。


ちなみに、≪国内邮件处理规则≫によると、送れないものは以下。

爆発するもの、燃えやすいもの、腐食するもの、毒性、放射性があるものなど各種危険物。
雷管、火薬、爆竹、ガソリン、アルコール、灯油、マッチ、生漆、農薬、レアアース、アイソトープおよび容器、アヘン(ケシの殻、花、つぼみ、葉含む)、モルヒネ、コカイン、ヘロイン、強い酸性・アルカリ性の物。

軍隊の装備、武器、警具、金銀など国の法律で流通が禁止されているもの。

人骨や、動物の内臓、体、骨、なめす前の動物の皮など公衆衛生を損なうもの。

鮮魚、鮮肉、生卵、生鮮野菜・果物など容易に腐るもの。

反動的な雑誌新聞、書籍、広告、わいせつ物。

動物。

貨幣。

電気メーターやブラウン管、テレビ、ビデオカメラ、電球、蛍光灯、魔法瓶等、包装が難しく壊れやすいもの。

包装ができず、人体に危険なもの、ほかの郵便物や設備を汚したり破損したりする恐れのあるもの。



だそうです。
コカインやヘロインより前に、アヘンって明記してあるところが、中国っぽい。



でも、よく考えれば、もう国慶節からずいぶんたつよなあ。
いいかげん、禁液令の方は撤回されていてもよいのではないでしょうか。

あの適当そうなお兄さんの言うことは当てにならないとみて、近々もう一度出直してみます。

ということで、先週金曜日からずっと夜になると微熱が出て鼻水が止まらないのでもう寝ます。
体調悪いなあ。
年のせいかな。



北京生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

いっそウォルマート

前にも書いたが、基本的に市場派なので、時間の許す限り青空市場や大型市場、批発市場に繰り出して買い物することにしております。


とくにまとめて買い物したい時などは、だいたい市場にいくので、最近までウォルマートとかカルフールとかいう欧米型大スーパーにいったことがありませんでした。



この間、出先でちょっと時間が空いたので、初めてなんの気なしに東四環路沿いのウォルマートに入って驚愕。


だだっぴろい。

子供用のチャイナ服から電気カーペットまで何でもある。

そして安い。


何をいまさらと思われることでしょうが、名前のおしゃれな響きにこれまで敬遠してたの。
アホだったわ。
ちっとも庶民的。
豚の足とか三保暖とか売ってるあたり、ローカル色がきっちりついてるじゃないの。
なんてこと!


そして、何よりのショックは、
市場で買ったものが、市場の値段より、ずっと安く売っていたこと。


市場で値切って15元で買ったスリッパ→9.9元で選り取り見取り。

中国人のおばさんと一緒になって120元を80元まで値切った喜羊羊のスノーブーツ→普通に60元で売ってた。



ああ、私、買い物の才能がない……


この間も、市場でやっと見つけ、170元で買った岩谷のカセットコンロが、ネットで120~150元で販売されているのを見つけがっくりしたばっかり。

ボンベなんて、純正品を村山商店さんが1本10元で販売しているのに、韓国製を4本30元で購入しちゃいましたよ。

秀水で2000元を150元までまけさせた置物は(買わなかったけど)後日、秀水の道路はさんで斜め前の店で20元で売ってたこともあるし。っていうか、秀水、いくらなんでも100倍以上ってのはボリすぎよ。



私、市場で買い物する資格なし!

顔を洗って出直すべし!!




でも、もう値段交渉が面倒くさいからこれからはウォルマートに行っちゃうかも。

もとより中国商人に勝てる道理がないわけで。




にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京生活情報



市場へゆけ

「知らない土地へ行ったら、まず市場へ行け」。

というのは、ろば夫の亡くなったおじいさんと、作家・開高健の言葉。
その言葉を忠実に守り?、広州では市場の裏に住んでいました。


が、北京ではろば夫の仕事の関係で、どうしてもザ・開発区に住まなければならなかったため、買い物はもっぱらスーパーがメイン。
そのため、私の北京の印象は、物価が東京と同じ。でした。



そういうわけで、すっかり庶民の生活から程遠い、ヒルズ族のような世界で暮らしていたわたくしどもですが、本日久々に、行ってまいりました望京の南湖市場

用事のメインは、私とこじゃるのダウンジャケットを作ること。
ちょうど、おしゃべり広場COCOちゃん家のサイトで紹介されていたので、そちらのお店に伺いました。


日本語はまったく通じませんが、日本人のお客さんもよく来るということで、店のおばさんも慣れたもの。あっという間に採寸を済ませ、5日後にはできるといいます。
私と、こじゃるのロングダウン2着(ファー付)計620元(約8400円)でした。

一応、こんな感じで。という写真を持っていったのですが、果たして。
できあがりが楽しみです。


さて、その後、せっかくなので生鮮市場にも寄ってきました。
これぞ市場だ~という活気に浮かされ、購買意欲が盛り上がる私。

羊の肉が一頭丸ごと吊るしてあるわ~
犬の肉が半身で売ってるわ~
キャ~

韓国人が多く住む地域のため、韓国食材が充実。
私は韓国人のオモニお手製の明太子とチャンジャ、肉類、なぜかチョーヤの梅酒(60元)、ごま油などを手に入れ帰宅。
野菜はにんじん、さつまいも(中身が白いのが売ってます)、玉ねぎ、なす、ピーマン、大根、キャベツを買って計15元(約200円)。

安っ!

やっぱり買い物はこうでなきゃ。
ここの近くに住みたかった…。
と思うのでした。


なんですかね。
買い物とか料理とかって、リズムが大切な気がするんですけど、北京の高級スーパーにはそれがない。(オオゼキにはあるけど)

店のおばちゃんとの軽口半分のやりとり、冷やかし、買ったと手を打つ瞬間、人だかりの割り込み…そういうのが楽しみで買い物するんだけどな、私は。


全部パックに入れられて、鮮度なんか照明でごまかされていて、人もまばらで、とにかく高い。
そういう買い物スペースだと、とにかく今日の分をなんとかごまかして、なるべく何も買わないようにして、やり過ごそうと思ってしまうのですよ。


てなわけで、我が家の夕飯は焼肉です。
白いご飯には特大の明太子を乗せて。
ビールぐびぐび。

プハ~!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。