北京の器【ブログ】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃の保守化はいつ始まるか

最近、久しぶりに会う人すべてに、挨拶のように「太ったね」と言われているらしいろば夫。


確かに。
その腹は、私の妊娠5カ月時よりでかいと思う。

何がつまっているかというと、もっぱら宴会のごちそうであり、ビールであり、夜食で食べた私たちの食べ残しです。
昨日などは、夜会食があったにもかかわらず、深夜に帰ってきて、残りものの茄子と鶏の揚げびたし(しかも油たっぷり)をぺろりと平らげていました。

一時期は、「夜はもう食べないから、残しておかなくていい」と言っていたのですが、仕事が忙しくて食いっぱぐれることもあるようで、かわいそうに思ってご飯をろば夫の分まで残しておいたら、深夜2時ごろの夜食が習慣になってしまい、運動はしないわ、夜食べるわで、太る太る。

簡単に〝神の領域〟を超えていきました。


そして、今朝、それに追い打ちをかけるように、朝ごはんにご飯とマーボ豆腐(っていうか肉豆腐炒め)を出す私。

だって、昨日のがまだ残ってたんだもーん。
それに、これはろば夫の大好物。
肉汁ごと一緒にご飯にかけて食べるのが、カニすきやしゃぶしゃぶなんかよりずっと好き。

「なんで朝から出すんだよ~」と半泣きながら、「うま~」といってガツガツ食べてました。


私、鬼?


なんでろば夫がひき肉ごはんが好きなのかというと、子供の頃にしょっちゅうお母さんが作ってくれたから。
三つ子の魂百までというか、大人になってから、いくらおいしすぎる広東料理の高級店に行こうと、北京の宮廷料理を食べようと、やはり、一番好きなものは子供の頃食べつけた物だったりするんですな。


私はというと、牢屋に入れられて毎日同じメニューしか食べられないとしたら、迷わず「お茶漬け」を選ぶ。
梅干し(それも、いわゆる南高梅じゃなくて、家庭で漬けたしょっぱいやつ)が付くならなお良い。

小さい頃、普通のご飯でお茶漬けなんてもったいないからダメだと言われ、冷ご飯があるとお茶漬けにできるからと、率先してそれを食べていました。なんで好きなのか分からないけれど、食べるなと言われるとむしょうに食べたくなる子供心理だったのでしょうか。



大人になってから、好きになったものはたくさんあって、たとえば香草なんかは、アジアをさまよっていたバックパッカー時代に好きになり、それ以来ずっと好き。

中国に来てからは、四川料理が好きになり、初めの頃はいわゆる山椒のしびれるような辛さが受け入れられず、箸が止まっていたものだけれど、しまいには、坦々麺の辛くないやつなんて食べたくないと思うようになりました。

羊肉も、もともと嫌いではなかったものの、こっちにきて新疆料理を食べるうちに病みつきに。
羊の骨付き肉の焼いたやつとか、うまいのなんのって。

広州時代に飲んでいた、薬材スープも最初のうちは「うっ」と思っていたけれど、飲みつけるとうまい。
魚(しかも骨だらけのがほとんどまるごと入っている)とパパイヤのスープとかね。
ウコッケイと人参のスープとかね。
日本人からみると、どうなの?っていうスープでも、しょっちゅう飲んでいるとうまいと思えてくるのが不思議。




ところが、ある程度の年齢に達すると、新しいものが受け付けられなくなるとか。
新しい音楽とか、新しいファッションとかもそうなんだけれど、新しい味はダイレクトに体にくるから、拒絶反応も激しい。


正月にうちに来た妹は、さっそく新疆料理の羊の油にあたって一晩うなされてたし。
私も最近は、食べ付けない油はお腹にくるので用心するようになりました。
味がどうこうっていうわけではなく、体が拒否反応。


そんなとき食べたいのは、もう、梅茶漬けだけ。
梅ぼしが、毒を分解してくれる気さえします。


ああ、どんなに気持ちが若くても、胃は勝手に保守化していく。
そうしていつか、慣れない土地での暮らしを、つらいと思うようになっていくのでしょう。



そうなる前に、まだまだ住んでみたい土地も食べてみたいその土地の食べ物もたくさんあるのですが。



北京生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

腰痛はうつ病のもと


昨日の夜から腹痛に襲われております。
現在、やや熱も出てきたようです。


まだ、お腹を下すにいたってはいないのでありますが、飲んだり食べたりすると腸のあたりが燃えるような痛さに。


このところ、腰痛がひどいとおもっていたら、腰痛ではなく腹痛だったのかも…という気もし、そのほうがよかったのか悪かったのか…。




ところで、私はこれまで腰痛とは無縁の生活を送ってきたのですが、相方のろば夫は腰痛持ちキャリア8.9年で、最近は症状が慢性化してしまい、痛いのが当たり前で生活しているそう。


白状すると、私はこれまで、その痛みというやつは、ろば夫の言い訳の道具、もしくは彼の性根が怠け者なのだとみなしていました。



例えば、ろば夫は休みの日など、ちょっと私が目を離すとすぐにソファーの上に寝転がってダラダラしています。
もしくは、気がつくと寝ている。
いくらなんでも寝過ぎなんじゃないか。寝る暇があったら子供と遊べばいいのにと思い、正直イラっとしていたものです。


が、しかし、実はそれも腰痛のなせる技だったらしいのです!
(↑と本人も訴えていたけれども、耳に入っていなかった。なんたる鬼嫁っ)


座ると腰が痛いので、休もうと思うと寝転がるしかない。
寝転がるといつの間にか寝てしまう。
寝過ぎるとさらに体が重くなり、再び寝てしまう。


ああ、恐ろしいゴロンチョ負の連鎖


それだけではありません。
腰痛があると、ものごとに集中できない。
痛みという原始的な感覚が、彼の思考を邪魔し、どんな高度な思索をも腰が痛いという単純な一点に引き戻してしまいます。

人間は基本的に座って勉学する生き物なので、例えば司法試験の受験などたくさん勉強しなくてはならない場合、おそらく一日のうち座っている時間が生活の大半を占めることになるでしょう。
そうすると、究極、頭がいいかどうかということよりも、長く座る体力と身体能力があるかということが、最終的に合否を分けるのではないか。そんな気もするのです。



そして、もっとも恐ろしい腰痛の悲劇は、思考が内向きに、マイナスに向かいやすくなる ということでしょう。

ちょっとしたことも、腰痛の痛みに耐えてやることを考えると億劫になる。
私も、普段なら10分もあれば終わるちょっとした洗濯物干しがなかなかできない。
床に散らかった子供のおもちゃをどうにかしたいんだけれども、拾う姿勢の一回一回がチャレンジ。
そんななら、もう片付けるのをやめようと思うと、すべてがとっちらかり、どんどんと何もかもがどうでもよくなって積極性を奪っていくのです。

特に、元が完璧主義者だったりすると、悲劇が加速。
下手をするとうつ病にだってなりかねないたかが腰痛、されど腰痛だったのです!!


ろば夫よ、これまで白い眼で見てすまなかった。



人間の想像力なんてたかが知れてます。
特に痛みに関しては、想像力の及ぶ範囲はさして大きくない。
ろば夫も、出産直後、そこらじゅうの痛みに耐えかねうんうん唸っている私を見ながら、寝むそうに眼をこすっていたもん。


でも、人の痛みなんて分からないって端から斜に構えるのは違うと思うのです。
立場が変われば突然わかることもあるし、分かろうとする周りの努力があるだけで、当事者が救われることもあります。



ということで、ようやく腰痛のつらさがわかったから、治すべく運動をしたまえ!ろば夫よ!!
(↑何も分かってない??)





にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京生活情報



いらちの血

私の家系には、いらちの血があるようです。

いらちというのは、どうやら関西弁のようですが、ささいなことでイライラしやすい性質とでもいいましょうか。

私の父は、そこらじゅうに地雷を抱えている人で、私などは器用に地雷をよけて歩けるタイプでしたが、母や妹は始終地雷を踏んでいましたから、父はしょっちゅうイライラ大噴火。
子供心に、「まったくいらちってやだなー」と思っていたのですが、
子供が生まれてから、どうやら自分もいらちらしいということに気がつきました。


こざるが小さい時は、今まで自由気ままにやってきたのがそうはいかなくなって、とにかく思う通りに時間配分できないことにいつもイライラしていました。

今でも、こじゃるのキーキー声、プリ子の泣き声などで、特にそれが二重奏になった時などは、もう猛烈にイライラが増幅。反対に、どんな阿鼻叫喚の子供版地獄絵図になっても、泰然自若としているろば夫がうらやましく、どうしたら、子供の泣き声が癇にさわらなくなるのだろうと、自問自答する日々です。(しかし、夜中に子供が泣きだしても気づかず寝ている。不思議だ)


そんな折、産後の運動不足解消にひと月前に始めたヨガが、結構イライラ解消に役立つことを発見。


最初は、友人に付き合うつもりで始めたのが、行くと心身ともにスッキリするので、翌日にはもう次のレッスンが待ち遠しくなるという具合。いや、体も硬いし、いつも動けなくてブルブルしてるんですけどね。


中国ではヨガは、古くは1985年ごろから張恵蘭という先生がテレビで教えていたらしいのですが、市井の人々の健康法として取り入れられるようになったのは2000年以降だとか。特にSARSが流行した後の2003年ごろから、都市住民の健康意識の高まりと金銭的余裕が相まって、あちこちにヨガを教えるフィットネスや専門のヨガ館が乱立。最近では飽和状態に達したのか、出来ては消えていく店も少なくないようです。


私も、自宅の周辺に絞り、歩いて通える範囲内でヨガを習える教室を探したのですが、電話がつながらなかったり、すでにつぶれているお店も結構ありました。

また、大手チェーン店でも、生徒がなかなか集まらないため、とにかく最初の段階で高額の会員カードを買わせようと必死に営業しています。見学に行った、某大手ヨガ専門フィットネスでは、誰も生徒がいないというガランとした店内で、服務員3、4人に取り囲まれ、とにかく一番高いカードが結果的には(週に2回一年間通い続ければの話)一番お得だから買えと、まだ入るとも言っていない段階で説得攻勢をかけられ、その後毎日電話で営業がありました。

(もちろんお断りだけど。だって、1年カードで6000元以上するんだもん。一か月カードで1000元以上するし。)

インターネット上には、買ったはいいものの結局行かなくなって使わない年間会員カードを売ろうとする人の書き込みが結構目につきます。みんな、通えなくなった理由を海外に行くから…などとしているのが可笑しい。


結局、いくつか見学に行って、公寓内のフィットネスに通うことにしました。

専業主婦が珍しい中国では、ヨガをやる人というのはほぼOLさん。
そのため、たいていのヨガ教室では、夕方からと週末に重点が置かれており、昼間の課はあっても昼休みの一時間だったり、高級者のクラスだったりして、まず条件が合わない。

その点、公寓内のフィットネスの場合は
①マンツーマンゆえ、中国語があやしくても先生に手とり足とり教えてもらえる。
②自分の好きな時間に予約が入れられる。
③冬場めちゃくちゃ寒くても近いからなんとか続けられそう。

という利点が。
料金的には少し高くつくけれど、それでも一か月カードで買わせてくれるので、例の大手チェーンよりは全然安いかなと。



さて、何事も長続きしないたちのワタクシですが、どうなることでしょう。

なにとぞ、いらちの血が静まりますように。



にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京生活情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。